欠陥マンション

先日、
川崎市川崎区のライオンズマンション京町(7階建て、72戸)で欠陥が原因で建替えをするとのニュースがありました。

柱や梁の中に発泡スチロールや木材などの異物混入が発見されたり、鉄筋不足が判明したそうです。
とんでもない手抜き工事です。
分譲主の大京と施工した東亜建設工業が建替え費用の全額を負担となりました。

日本全国にあるマンションの数を考えると、同じような問題がある物件もあるのではないかと疑ってしまいます。

設計や構造計算上で問題がなく完璧でも、そのとおり工事されていなければ意味がありません。
工事現場の監理こそ大事なのです。

過去の欠陥が次々と明らかになり、問題を認めることで今後の現場に活かされると期待します。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください