住宅購入か?それとも賃貸か?

ファイナンシャルプランナーの菊池です。

「家を買うか、それとも一生賃貸か?」

よく住宅雑誌などで家を買った場合と、一生賃貸に住み続ける場合とのシュミレーションが掲載されていますよね。

私はほとんど目を通しませんが、おそらくは多くの人にとって気になる疑問なのでしょう。

私は、住宅購入と賃貸の比較は無意味だと思います。

皆さん、本音ではそう思っているはずです。

計算する人、条件の設定によってどうにでもなるからです。

私は、相談者からこういう質問を受けたら、必ずこう答えます。

「あなたは自分の家がほしいですか?」

本当に欲しいのであれば、それを手に入れるように努力あるのみ。

あまり必要性を感じていないのであれば、賃貸で十分ということです。

もちろん、意欲はあっても住宅を購入すべきではない人にはそうアドバイスします。

どんな人かと言うと、主に以下のような方です。

・資金を持たず住宅ローンを借りられない方

・住宅ローンを支払っていけそうにない方

・近いうちに転勤がある方

住宅を購入できる状況の方で、購入したいという意欲がある方は住宅を購入すべきです。

家を持つことで、得られる安心感、達成感、責任感などいろいろと良い面もあります。

ただし、住宅ローンという負債を負うことで、マイナス面もあるので、借りる金額には気を付けなくてはなりません。

住宅ローンで破たんするのは、借り過ぎが原因です。

自分の身の丈にあった住宅を購入することが一番大切です。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください