セブンイレブンの出店計画、大幅に増加!

そごう心斎橋本店の売却は300億円弱で交渉されているようです。
セブン&アイ・ホールディングスは、この売却で得た資金をコンビニの方へまわすみたいです。
好調なコンビニの出店を、2010年2月期(2009年3月~2010年2月)に
なんと、1000店も出店するとのこと。
これから全国でコンビニ店舗の出店が増加し、物件探しが始まると思われます。
また、コンビニの店長をやってくれる人の募集、FCの募集も盛んになるでしょう。

日経新聞の記事より引用

セブン&アイ、コンビニ1000店出店 来期
 セブン&アイ・ホールディングスは、百貨店のそごう心斎橋本店(大阪市)のJ・フロントリテイリングへの売却交渉で、300億円弱の売却額で最終調整に入った。月内にも合意する見通しで、不振の百貨店事業の大胆な合理化を進める。セブン&アイは消費動向の変化に合わせたグループ事業の再構築を相次ぎ打ち出している。好調なコンビニエンスストアは2010年2月期に過去最高の1000店の出店に踏み切るなど傘下事業への経営資源の配分見直しを急ぐ。
 そごう心斎橋本店は店舗面積約4万平方メートルで、08年2月期の売上高は440億円。Jフロントは買収資金の調達にメドをつけたもようで、今夏にも店舗を譲り受け、隣接する大丸心斎橋店と一体運営する。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。