ホームセンター業界はオーバーストア!大証二部ナカイのTOB

各業界のオーバーストア化は顕著になってきています。
そんな中、赤字経営で時価総額が5億未満で上場廃止基準に抵触し、上場廃止猶予期間中となっていた徳島のホームセンター、ナカイにドラッグストア経営のアクサスがTOBを実施します。
ナカイは、以前は関西圏にも店舗を出していたはずですが、いつの間にか四国以外をすべて撤退させたようです。
現在は地元の徳島以外は香川にしかないようです。
TOBを実施するアクサスは同じ徳島の企業で、ドラッグストア、生活雑貨、スポーツ用品などいろいろな販売店舗を展開している企業です。
ナカイをTOBによって支配下に置くことは、同じような品物を扱っているということを考えるとメリットがあると判断したのでしょう。
近年、業界はオーバーストアぎみ。
とくにホームセンターはかなり多く、すでに多くの企業が撤退しています。
ナカイもその流れに抗えなかったようです。
TOBの取得額は最大3億7400万円。
買い付け期間は2月17日から3月17日まで。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。