REITのメリットってなんだろう??

REITに投資するメリットってなんでしょうか?
簡単にまとめてみました。

1.少額な資金で簡単に不動産投資ができる

 通常、不動産に投資する場合、ある程度不動産に関する知識が必要です。
それに対してREITであれば不動産の運用を指示したりトラブル処理を行ったりという実務はすべておまかせで済みます。
そして何より、少額の資金で不動産投資ができるのです。
REITの所有する物件は、日本でも超一等地の物件ばかり。
通常は個人が投資できる資産ではないのですが、REITを通じて投資できます。
そのような一等地の資産、数十物件に分散投資できます。

2.流動性と換金性が高い

 不動産の最大の弱点は流動性と換金性が低いこと。
不動産をお金に換えるのは簡単ではありません。売りたい時にすぐに買主が見つかるというものではないのです。
 それに対しREITは、証券市場に上場されており流動性、換金性が極めて高いのです。
証券化し、上場することにより不動産投資の弱点を補っています。

3.安定した配当を期待できる

 REITは不動産を長期保有することを前提としており、賃料収入を得ることを目的としています。
不動産価格が低くなったからといっても、賃料はすぐには下がりません。
賃料収入という土台があり、常に安定した配当が期待できます。

主に大きな3点を挙げました。
他にも専門家による適切なマネジメントが行なわれているとか、投資法人債の発行などによりレバレッジ効果が期待できるなどもメリットと言えるとは思うのですが、専門的な説明が必要になるので割愛します。

そもそもREIT自体は長期投資のスタンスです。
REITを購入する投資家も長期投資のスタンスで投資すべきではないかと思います。
REITの成長は、本来ゆっくりしているものです。
不動産の収益性を上げる努力、資産価値を落とさないためのマネジメントは、日々取り組まれており、結果が出るのには時間がかかります。

これまでは、新たな不動産に投資し、所有物件、資産総額を膨らませる外部成長に注力していましたが、こういう時期だからこそ、日々のマネジメントにより賃料収入を上げる内部成長を目指すべきであり、REITは日々そういう努力をしています。
いずれ、まともなマネジメントをしているREITは結果を出してくれるはずです。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。