法人税の申告所得額、税額が増加したものの・・・

国税庁のまとめによると、今年3月までに決算を迎えた全国の法人の2010年度申告所得額と申告税額が増加したそうです。
国の税収が増えることは財政難の国にとって良いことだとは思いますが、気になる結果も出ています。

申告した法人のうち、黒字で申告をした割合は、25.2%だったそうです。
3年連続でワーストを更新しているのだとか。

約75%の企業が赤字なのに、申告所得額と申告税額が増加するということは、
一部の大手企業が利益を回復させた反面、大半の中小企業、零細企業が赤字だったということではないでしょうか。

こういう状況下では、利益を出している一部の大手企業に勤めている人と中小企業に勤めている人との所得に大きな差がつくことになります。

大半の人の生活が上向かないのでは、景気回復の兆候だなんて言えませんね。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください