ついにハードディスクがクラッシュ!

調子がおかしく、一部のデータが読めなくなっていた外付けハードディスクが
ついにクラッシュしてしまいました汗

1995年にパソコンを初めて購入して以来、パソコンや外付けハードディスクを何台か購入しましたが、クラッシュしたのはこれが初めてです。

データをバックアップするために外付けハードディスクを購入していたのですが、
バックアップの方がクラッシュしました。

大半はオリジナルデータがあるので大丈夫なのですが、一部の不動産物件情報や不動産投資の収支分析のデータについては、オリジナルデータを残していないものが・・・

ハードディスクはクラッシュするからバックアップが必要とよく聞きますが、どこか人ごとのように思っていました。

個人情報の扱いについては金融商品を扱うために、いろいろと厳しく検査されていることから、別物で扱っていますから大丈夫だったのですが、貴重な不動産投資用の物件データなどが見られなくなってしまいました。

復旧させるのに業者に頼むしかないようです。
どこもお値段は3万円ぐらいから。

けっこうな出費となりそうです。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください