外付けのHDが破損! データが読めない

昨日、外付け用ハードディスクで問題が発生!

データが破損したためか、一部のフォルダが見られなくなってしまいました 汗

いろいろ復元を試している途中なのですが、これはひょっとすると専門業者に依頼しなければならないかも・・・

幸い、このハードディスクには顧客情報は入っておりません。
今回破損したハードディスクには、東京、大阪、名古屋、福岡などの主要都市の不動産投資物件の情報や作成した不動産投資用の収支表などが保存されていました。

その数は1000件以上になります。

古いデータも多いのですが、かつて売りに出た物件は数年後にまた売りに出る可能性も高く、その際に活かせるかもと保存しておいたものなので、このままあきらめるのはあまりにも惜しい・・・

思い切って業者に依頼するか、ソフトを購入して自分で復元を試すのか、いろいろ悩んでます。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください