大きな道路沿いの分譲マンション 不便な点、気になる点

最近、忙しくついついブログも怠けがちに・・・
おまけに12月に入ってからは体調不良のため仕事にも支障がきている始末です。

病み上がりながら、最近、関西のマンションの売れ行きはどうなのだろうかといろいろ調べておりました。

すると、気になる分譲マンションがありました。

何が気になるのかというと、

このマンション、大きな国道に面しており、さらにその上には高速道路もあるのです。
よほど環境について理解がないと購入後、たいへんな後悔をすることになりそうです。

この状況に似た環境のマンションを管理していたことがあり、いかに騒音や排気ガスなどの影響を受けるか想像できます。

その頃、入居していた方たちから聞いたご不満をまとめますと以下のとおりです。

・洗濯ものが干せない。(一日干しておくと黒くなるから) 
 ※下の階ほどひどい


・騒音が気になる (夜、就寝中や早朝、大型トラックが通る時間帯がとくに)

・窓を開けることがないので換気しずらい

・大型トラックなどの通過で振動がある

今は洗濯機に乾燥機が付いていますし、騒音も防音サッシなどでかなり抑えられます。
振動については、実際のところ大きなマンションでは感じにくいとは思われます。

しかし、生活していくうえで、窓を開けないで生活するというのは考えられません。
大きな幹線沿いのマンションでは、窓を開けたいときに不便です。

物件を見にいったとき、これなら大丈夫と思っても安心できません。

大型トラックの通行が多くなる道路については、騒音や振動がひどくなります。
これらの大型トラックは、深夜から早朝に移動することが多く、物件を見にいく日中にはあまり走っていません。
部屋に入居してみて初めてわかることかもしれませんね。

大きな幹線道路沿いのマンションは、
眠りの浅い人、ちょっとした音が気になる人は購入をお勧めできません。

こういう物件は販売価格がリーズナブルで、手が届きやすいので惹かれる方も多いのですが、
長い生活で不便を感じるのを、本当にがまんすることができるのか?
よく考えてから結論を出すべきでしょう。
決して販売員のペースに乗せられ、短期で決めてはだめです。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください