マンションと周辺環境のミスマッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸市のFP、BLPファイナンシャルプランナーズの菊池です。

今日は8月1日。
いつの間にやら8月に・・・
暑いはずです・・・

今日は、不動産に関するご相談をいただいていたお客様のご依頼で不動産調査のために、法務局に行ってきました。

事務所のある兵庫県庁付近から、旧居留地を通り、海の近くにある法務局まで歩きました。

不動産コンサルタント・ファイナンシャルプランナーの住宅購入・不動産投資 『成功の法則』-旧居留地

いつも商船三井ビルディングとNOF神戸海岸ビルの間を通って法務局に向かいます。

古いビルのデザインは落ち着きがあります!

不動産コンサルタント・ファイナンシャルプランナーの住宅購入・不動産投資 『成功の法則』-NOF神戸海岸ビル

NOF神戸海岸ビルは、J-REITの野村不動産オフィスファンド投資法人が所有しているビルで、新しく建てたビルの外側に、古いビルの外壁を利用した建物です。

旧居留地では、遠い昔の雰囲気をできるだけ残すような努力がなされているわけです。

ところが、旧居留地周辺でも、大型のマンションが建築されています。

神戸市の観光資源でもある、旧居留地の街並みのすぐそばにです。

 こういったマンションは、周囲の環境と合っていないと私は思います。

多くの住戸がファミリー向けに分譲されているからです。

 商業地でマンションを開発するのなら、単身者向けであるかDINKS(ディンクス)向けで商品開発するべきと考えます。

 しかし、旧居留地周辺で開発するマンションは、ほとんど65㎡以上のファミリー向けです。

 子供がいるご家庭には、旧居留地周辺は適していません。

商業地であるため、周囲には交通量の多い道路ばかりですし、学校の問題もあります。

 若い夫婦のみであれば、職場と住居が近く便利で適していたとしても、子供ができるとどうでしょうか?

 子供ができたら、子育ての環境を考え、住み替えようと考える人が出てくるのではないでしょうか?

 こういうマンションはいずれ、中古の売り物件が多く出る可能性があります。

 売り物件が同時期にたくさん出ると、そのマンションの中古価格はすぐに下落してしまいます。

 デフレで不動産価格が上がらない状況下であれば、住宅ローンの残債を消すのも難しいかもしれません。
 

 マンション選びでは、自分たちのライフプラン(子供は何人つくりたいのか、子供たちにはどういう教育環境を与えたいのか)と周囲の環境が、合っているのかも重要です。

■□■□ 当事務所へのご相談はこちらへ ■□■□

TEL 078-332-0780
mail info@blpfp.com

または当事務所のホームページの問い合わせフォーム
から

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください