不動産投資の失敗例  意外な問題とは?

 神戸市のFP BLPファイナンシャルプランナーズの菊池です。

 最近、20代、30代の若い世代の不動産投資への関心がとても強いのを実感しています。

不動産投資の相談者の中に、20代の相談者も少しずつ増えてきています。

 投資に積極的であることは、とても良いことだと私は思っています。

 しかし、不動産投資を始める前に、人生設計と投資計画が必要です。

焦るあまり、安易に不動産投資に手を出すと、思わぬ問題が発生することもあります。

 例えば結婚の問題です。

結婚を控えた女性とその両親が当事務所にご相談にみえられるケースが、今までにけっこうありました。

『不動産投資で数千万円の借金を抱える男に娘を嫁がせて大丈夫だろうか?』

心配はごもっともです。

フルローンで収益物件を購入し、支払いに困って自己破産する人も増えてきました。
心配をされても仕方がないかもしれません。

 私にとっても意外な相談内容でした。
独身時代に不動産投資をしたことが原因で、結婚に支障が出ることがあるのです。

 これに似たケースで、ご主人が独身時代にローンで収益物件を購入し、それを隠していたことが奥様にばれたケースもあります。

 住宅ローンの審査に引っかかったことで発覚してしまい、夫婦げんかに・・・

 
 不動産投資には家族の理解が必要です。

独身であっても、将来、結婚したいと思ったときに、 相手に説明が必要です。

もちろん、相手の両親にもしっかりと説明しておかなくてはなりません。

 黙っていて後で発覚した時ほど、問題は大きくなります。

■□■□ 当事務所へのご相談はこちらへ ■□■□

TEL 078-332-0780
mail info@blpfp.com

または当事務所のホームページの問い合わせフォーム
から

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください