団地の中古マンションを購入する場合のメリット

ファイナンシャルプランナーの菊池です。

今日は、兵庫県内のある団地に行く機会がありました。

中古マンションの売り物件が多く、築年数が古い棟の部屋なら900万円ぐらいから。
築30年前後ですが、管理がしっかりしているので、室内のリフォームをしてしまえば、かなり見栄えがよくなります。
玄関ドアやサッシは交換済みです。

今や団地の多くが高齢化してしまい、空き部屋も多くなっています。
いかに若い世代の入居を獲得するかが団地再生のカギとなるでしょう。

団地には子育て世代が生活するのに適した条件がいくつかあります。
たとえば、団地内に公園など子供たちが遊べるスペースがたくさんあります。
団地内にあり公衆道路に面することもなく、安心して子供たちを遊ばせることができます。
今、分譲されているマンションにはこれほど充実したスペースは珍しいと言えます。
広い敷地こそ団地の大きなメリットです。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください