住宅購入で疑心暗鬼に・・・

ファイナンシャルプランナーの菊池です。

住宅購入を検討されている方からのご相談が増えています。

消費税が上がる前だからでしょうか。

私のところにご相談に来られる方には共通した特徴があります。

住宅ローンで多額の借金をすることに不安をお持ちだということです。

住宅ローンを払っていけるだろうか?

借入額が多すぎではないだろうか?

住宅を買うときには皆さんが同じ不安を持っておられるのです。

ところが、最近、これ以外の不安をお持ちの方が増えてきました。

それは、

不動産会社や住宅販売会社の営業担当者の言うことが信用できない

といった内容です。

住宅を購入しようとされている方は、誰に相談したら良いのかわからなくなっているのです。

そこで、住宅や不動産の専門家である私のところに、第三者としての意見を求めて相談に来られています。

売る側は、お客様の不安をあおるようなことは言いたくありません。

お客様が営業担当者に相談しても、「大丈夫です」としか返答がないわけです。

だんだんと不安は大きくなり、営業担当者の対応に対しても疑心暗鬼になってしまいます。

買うのではなく、「買わされる」 という意識に変わっているのです。

住宅や不動産という高額な買い物は、一般の方には人生初の経験です。

わからないことだらけ。

不安になるのはあたりまえのことです。

私は、住宅購入のご相談者には、不安と思われている点をヒアリングし、問題解決のお手伝いをしております。

また同時に、住宅や不動産の営業担当者に対しての接し方についても必ずお話しします。

相手のこと、住宅業界、不動産業界のことを知っておくことで、気持ちが楽になるからです。

専門家に相談するだけでなく、親、兄弟、友人など、身のまわりに住宅を購入した経験のある人がいるのなら、相談してみるとよいでしょう。

必ず皆それぞれに苦労した経験があります。

参考になる話を聞くことができるはずです。

住宅購入を検討している方で、今、不安を抱えておられるのなら、ぜひ第三者の意見を聞いてみてください。

かなり気持ちが楽になるはずです。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください