「マンションを売ってください!買いたい人がいます!!」のウソ

最近、セミナーとかで忙しかったので、事務所のデスクまわりに書類と本の山ができてしまいました!!
片付けては散らかす日々・・・
”片付け”とは難しいものですね。

さて、先日、セミナー講師をした際、個別相談のお客様から、こんな質問を受けました。

お客様 「このマンションを買いたい人がいるから売ってほしいってチラシが入ってたけど、これって本当かな?」

私 「それはウソでしょう」

即答です。
人気物件で売りが出ればすぐに客が付く、そういう物件は買いたいというお客様がいることもあります。

でも、ほとんどの場合はウソなんです。
売り物件を確保したいがためのウソの広告です。
お行儀よくやって儲かるほど、今の不動産業界は甘くはありません。
この程度のチラシなら、どこの業者もやっているはずです。

不動産業者にとって、売り物件の専任媒介を得ることはとても重要です。
そのためにマンションのポストに、たくさんのチラシを日々ポスティングしています。

チラシの効果を高めるために、好条件で買いたいというお客様がいます、という広告を作ります。

新聞の折り込み広告とちがって、ポスティングで撒くチラシは、法的にかなりキワドイ内容が多いようです。

マンションを売りたい場合、専任媒介を任せるのであれば、他の業者にも広く物件情報を開示してくれる業者を選ぶ必要があります。

ひどい業者であれば、売主と買主の両方から仲介手数料を得るために、他の業者に情報を開示しないことがあります。

あまりに売れないと、売主があやしく思うので、ときには架空のお客様まで作ります。
ウソの購入申込書まで用意することもあるくらいです。

そして最後は・・・
「ダメでした、次、頑張ります!」

私が不動産会社で買取転売をしているときには、多くの仲介業者とお付き合いしていました。
ですが、信用に足る人物は意外に少なかったですね。
ウソを平気でつく営業もたくさんいました。

不動産を売るときには、売主の話をよく聞いてくれて、正直に話してくれる、信用できる担当者に任せるべきです。

大手だから信用できるとは限りません。
専任媒介契約をする際は、複数の不動産業者と話をして、比較してみてから判断しましょう。

調子のいいことばかり言う不動産業者に任せてしまうと、
「次、がんばります!!」って言われてしまいますよ。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください