住宅ローンの借り過ぎに要注意! 必要以上に借りないこと

大手銀行の6月の住宅ローン金利が上がりましたね。
「住宅ローンの金利は上がるの?」
セミナーでも個別相談でも、こんな質問がとても多くなってきています。
6月のセミナーでは、住宅ローンの金利動向がテーマになる予定です。

住宅ローンをこれから借りる人よりも、すでに住宅ローンを変動金利で借りている人の方が、金利動向には敏感になっているかもしれませんね。

現在、住宅ローンを返済中の方には、かなり多くの割合で、住宅ローンを借り過ぎている方がいらっしゃると私は思っています。
銀行も不動産、住宅業界も、住宅ローンを組む人に対して、借りられる金額の上限まで借りることを勧めてきたように思います。
銀行は住宅ローンの実績が伸びますし、不動産・住宅業界は仲介金額、受注額が大きくなるからです。

以前、住宅取得に必要な金額以上に住宅ローンを組んだ相談者がいらっしゃいました。
いわゆる、オーバーローンです。

実は、オーバーローンの部分は、本人たちにとって全く必要のないお金でした。
分譲住宅を購入した際に、販売を担当していた営業マンが、

「住宅ローンは金利が低いから、オーバーローンを組めるようにしてあげる、そのお金で車とか他にほしいものがあればその購入に充てたらいいよ。」

頼みもしないのに、契約書を改ざんしてまで、余計な気を利かせたらしいのです。
ちなみに、これって、銀行をだましていることになります。
あとでそれがバレたらとんでもないことになります。
同様の行為で逮捕された人のニュースを見たことがあります。
結局、この相談者は、使わずに、ずっと普通預金口座に入れたままにしておられたのです。

せめて、欲しいものを購入するとか、資産運用で利ザヤを抜くとか、何かに使っていれば借りた意味もあったかもしれませんが・・・

結局、無意味に借り過ぎた分の借入金利から普通預金金利を差し引いた分の金利を負担していただけでした。
このような状態の相談者は、実は1組だけでなく、いままでに数組ありました。
意味もなく借金をして、得をすることはありません。

住宅ローンはあくまでも銀行からの借金です。
国民の多くの人が当たり前のように借りているから、感覚がマヒしているのかもしれません。

借りることができる金額は、返済できる金額とは必ずしも同じではなく、
余裕をもって返済できる金額は、将来もそうであるとは限りません。

お金を返せなくなったら、どうなるのか、その怖さは忘れてはいけないことです。
住宅ローンを借りる際には、将来をよく考えて、慎重に借りるようにしましょう。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2008年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください