京都市の高さ規制緩和

昨日のニュースを見ていたら、京都市が建築物の高さ規制を緩和するというニュースがありました。
京都市が高さ規制を一部で見直す理由は人口の減少にあるようです。
高さ規制を緩和し、マンションの戸数が増えるとマンションの売値も下がる、住宅を取得しやすくなるというわけです。

しかし、高さ規制を緩和し、京都市の郊外中心にマンションを増やしても人口は増えないでしょう。
日本全体の人口が減少し、住宅の一次取得層である若い世代の人口は減少し続けます。
もはやこの日本において人口を増やすのは困難です。
都市単位で見た時、人口増というのは、他の別の都市から人口を奪うだけのことです。
人口の自然増まではのぞめないでしょう。

2007年当時、京都市は思い切った高さ規制を行いました。
京都市の歴史的な街並み、景観を守る、そう決断したからです。
しかし、その規制はマンション開発を制限することになり、若い層の人口が近隣の都市、特に滋賀県に流出するきっかけになりました。
それでも、観光資源である歴史的な景観は守られるのですから、必要な規制だったと思います。

規制緩和はそのエリア設定がかなり重要です。
広範囲の緩和は歴史的な景観を崩すこととなり、2007年からの努力を無駄にしてしまいます。
上手に緩和していけるのか、京都市の手腕が問われるところです。

菊池 英司
不動産コンサルタント、FPとして主に個別相談、セミナー講師を中心に活動中。 住宅の購入サポート、住宅ローン相談を中心に、個人の所有する不動産、住宅に関するサービスを提供している。空家管理業務を2009年から開始し、早くから空家問題に取り組んでいる。